Img20060711200304
先日、六本木ヒルズ大展望台で行われていた
『バカラシャンデリア展』に行ってきました。
10人の女性デザイナーとバカラとの競演と
いうことで、どんな新しい顔のバカラが見れ
るのかと、かなりの期待を膨らませつつ向か
いました。映画『オペラ座の怪人』のオープ
ニングに出てくるような圧倒的な存在と迫力
のシャンデリアを勝手に想像してしまったた
め、それに比べたら少々物足りなさは感じま
したが、何百年も続く光とクリスタルの老舗
ブランド『バカラ』が、時代と共に柔軟に変
化しまた新しい扉を開けていく様は、私にと
っては非常に華麗に見えました。
Img2a20060711151820
Img2b20060711151820
Img20060711154911
5/27~8/31まで開催
シャンデリア展に続き、森美術館で開催して
いた『アフリカリミックス』というアフリカ
現代美術の展覧会ものぞいてきました。
サクッと見るつもりが、とんでもございませ
ん。驚きのおもしいろさにかなりの長居をし
てしまう程でした。単純にアフリカの国々が
これまで歩んできた歴史的背景の中から生ま
れたいち表現というだけではない、
~ 彼らが生きている理由 ~
みたいなものを感じる、ものすごい凄みと
パワーのある展覧会でした。

 (Click!) 
Img20060715182434
細い竹の節が連なってできたナイスなジグザグ(山?)模様。いい仕事しすぎです。
昨日から夏のイベント
『古民具で夏のしつらえ』展
がはじまりました。
店内のいたる所に、古民具を使った
涼し気なしつらえが施されています。

年々暑さを増すこの夏、
昔の人々の生活の知恵が詰まった古民具に
浸りながら、日本の夏を過ごされてみては
いかがですか?
皆様のお越しをお待ちしております。
Img20060720184450
連日降り続いた雨も
今日はひと休み。
こちら涼しい風が吹いております。
只今開催中、

『古民具で夏のしつらえ』展

の店内風景です。
今日の風とともに、店内には
心地よい風鈴の音が響いています。
Img2a20060720184450
Img2b20060720184450
Img3a20060720184450
Img3b20060720184450
Img20060723010328
Img1b20060723010328
村上さんの鉢植えが入荷しました。

茶碗蓮(上)
こちらの蓮は、蓮の中でも小さい種類で、
茶碗の中でも育てられることからこの名
がついたようです。

斑入りの水引・大十草(下)
まだらに重なり合った斑の入った水引と、
大十草の寄植えです。
Img20060725012217
スタッフの退助と栄作。
Img20060731180217
シェイカーを振ってアイスエスプレッソをつくる下田さん。この時期オススメ。驚きのウマさです!!
Img1b20060731180217
NUSHISAから江戸川を挟み千葉県野田市にあるケーズデンキ駐車場内にあります。
NUSHISA喫茶でお出ししている珈琲は、
『モトヤエクスプレス』
の珈琲豆を使用しています。
『モトヤ~』は都内を中心に、関東圏内
のあらゆるユニークな場所にブラウン色
のワゴンにて出店している移動喫茶です。
各地域の人との交流を大切にしながら、
多くの人たちにおいしい珈琲を提供して
います。
私が『モトヤ~』を好きな理由に、まず
上げなければならないのが当然味です!
喉を通した後に広がる、爽やかで切れの
いいあの後味。珈琲の味の好みは皆さん
それぞれありますが、私はたまらなく好
きな味です。幸せな気分になれる味です。
そして次に上げたいのがモトヤの企業理
念です。今でこそ移動式店鋪は喫茶のみ
ならず、多方面でよく目にするとは思い
ますが、きちんとした理念がこのワゴン
にはあるのです。阪神大震災で『ふれあ
い喫茶』という復興を支える目的で運営
していた喫茶店があったようですが、災
害があるなしに関係なく、この活動その
ものに共感をうけ、今の日本にこそ必要
と思ったのが、はじめる大きなきっかけ
になったようです。
こういう真面目で、夢のある店や会社は
素晴らしいですよね。私も見習いたいと
思います。

ぜひこのココロのこもった珈琲を、
味わい下さい。