Img20060906003714
Img1b20060906003714
本日をもって『ペルシャの魅力』展
無事終了いたしました。

終わってから気付きましたが、織り子さんに
よる実演模様を写真におさめるのを忘れてし
まいました。ガッカリ!あれを皆さんにもお
見せしたかった。。。
気の遠くなるような作業でして、何百年とこ
の先残る物の、生まれていく過程を垣間見れ
た事は私にとってたいへんいい勉強になりま
した。

約6日間近くで見ていて、見え方が日々変わ
っていく不思議さをおぼえました。
『あれっこんな柄だったっけ?こんな色だ
 っけ?ここにこれあったっけ?』
なんとなく魔法の絨毯といわれる所以が少し
わかってきたような気がします。。それとア
ンティークの魅力と似ているかもしれません
が、人の魂が込められた物ってなかなかその
魅力は消えないものですね(当然新品でもい
い物はたくさんありますよ)。
今回知った豆知識をまだまだお伝えしたいと
ころですが、長くなりそうなので続きはまた
の機会にしたいと思います。

終了にあたり、
ペルシャ絨毯をさりげなく使える大人になり
たい、、、でしめさせていただきます。
最後に
佐藤さん、磯山さん、キャッシーに感謝!
Img20060909113200
日に日に空の色も深り、秋の気配を感じる
今日この頃、皆さんいかがお過しで
しょうか。

本日盆栽の村上さんにヤマゴボウをいただき
ました。傘を広げたほどの大きさがあるため
、高い位置に生けて下から味わってみること
にしました。
Img20060922021410
何度も見逃した「六ヶ所村ラプソディー」をやっと観てきました。国内の社会問題を題材にしており大手映画館では上映できず、全国の公民館や小さな劇場を巡回して上映をしています。

「六ヶ所村ラプソディー」は2年間の現地取材を経てできたドキュメンタリー映画。青森県の六ヶ所村という小さな村が舞台になっています。六ヶ所村の事は新聞の記事で目にしたことはあったものの、詳細にいたっては無知でした。映画を観終わり、映画に込められたメッセージを自分なりに受け止めたいと思ったし、多くの人と共有すべき問題とも感じましたので退屈ですが書かせてもらいます。

六ヶ所村には、全国各地の原子力発電所からでる使用済の核燃料が一斉に集まり、再処理するための『 核燃料再処理工場 』という施設が存在します。簡単な言い方をすると核のゴミ捨て場とでもいいましょうか。
私たちが日々使用する電気の総電気量3分の1は、日本にある55基の原子力発電所からつくられる原子力でまかなわれています。普段出る生活ゴミと同じように、原発も軌道する過程で使用済核燃料というものが必ず出てきます。その核のゴミをこの工場で再処理し、新たなエネルギーに変換していこうというのが六ヶ所村核燃料再処理工場のコンセプトです。

これだけ聞くと新しいエネルギーの期待と科学の進歩を感じさせる明るい計画のようにも見えますが、一方で起こりうる可能性についても大いに関心を寄せる必要があるようです。

1:六ヶ所村の再処理工場から出る1日の放射能は、1つの原発から出る約1年分の量の放射能を排出すると言われている。
2:フランスやイギリスにある再処理工場周辺では、土壌・地域汚染や住民被害などが出ている。
3:すでに設計ミスによる放射能漏れ事故や試験運転中の被爆事故など起きており、信用性に大いに欠ける。
4:使用済核燃料に含まれるプルトニウムを次世代エネルギーに変えようとする「プリサーマル計画」は、高速増殖原型炉「もんじゅ」の事故で現段階では止まっており、プルトニウムの使い道はない。
5:国際的常識として、核爆弾はプルトニウムからできている。
6:日本一の漁獲高を誇る三陸のおいしい魚や青森の農作物がおかされようとしている。
7:放射性廃棄物を含む廃液は海流に乗り、青森はもちろんのこと、岩手や宮城、はたまた福島を越えて茨城や千葉までやってくる可能性大。
8:この事業に賛成する住民の中には、決して反対できない理由を抱えている人が大勢いる。
9:メディアが六ヶ所村関連のニュースを全く報道しない。

解決されない問題が山積みだというのに、私たちの知らないいや知らされていない水面下で、不気味に進んでいるのがこの六ヶ所村核燃料再処理工場の実状です。

こういう社会問題は個人レベルの考えと小さな行動で正直なにかが変わるものではありません。しかも自分の人生を生き抜くことに精一杯な我々が、このような出来事を自分のことのように感じ取ることは非常に難しい。しかしひと昔前と今とではITの進歩で人と場所と時間の距離はどんどん縮まり、世界はとても小さくなった。現に遠くで起きた出来事が想像以上に自分の近くの出来事として捉えることが可能になった。他の出来事・隣の事をどこまで自分の事のように考えられるか。この発想が未来をつくっていくと感じる。なんとなく。。そのため自分で情報を仕入れ、自分に置き換え考えてみたい。と思いました。

この映画、ぜひ観てもらいたいです。


「六ヶ所村ラプソディー」HP
(Click!)

*2006年3月31日から、アクティブ試験(本格稼働試験)が開始されています。
Img20060924143005
もっと楽な姿勢あるのに・・・
なんか最近、
店の前でやたらとこっちをチラチラ見てる
『とんぼ』
がいたので、話しかけてやろうと近寄って
みたのですが、


 店主 『・・・ 』
 トンボ『・・・ 』
 店主 『・・・ 』


なに話していいかわかりませんでした。

夕方そとを見たら、また来てました。。。