Img20061201145055
今日から師走。何かとせわしい時期となってまいりま
した。『暮らしの道具・木の道具』展を1週間後にひか
え、私も参加という事で最近は夜なべ作業が続いて
います。忙しいといえども、心を落ち着かせ、猫の寝
返りの音さえ耳にとどく静けさの中、淡々と仕上げの
作業を行っています。自分から生まれたものが、誠
実に自分を表すものであるように。

まずはシルバーのカトラリーに真っ向勝負。吸い付く
ようなスプーンフォークで早くパスタをいただきたい。
寄ってらっしゃい見てらっしゃい。はじまりました年内最後の企画展、『オトコだらけの道具・・・』いや『暮らしの道具・木の道具』展。まずは作者の皆様方、この忙しい時期のご協力、誠にありがとうございます。この場を借りて感謝です!

暮らしの道具ということで、作り手たちが普段の生活の中で、何に惹かれ、何を大事にしてるかというのがより形となって表れた楽しい展示会になっています。もちろん使えるモノばかり。あなたの暮らしにあったお道具を、ぜひ探しにいらして下さい。
Img2a20061210015435
0-CRAFT
Img2b20061210015435
CRAFT MUSICA
Img3a20061210015435
工房イサド
Img3b20061210015435
工房LIGHTS
Img4a20061210015435
SUCOYA
Img4b20061210015435
Second Factory
Img5a20061210015435
NUSHISA店主
只今開催中、
『暮らしの道具・木の道具』展の様子です。
途中で作品の補充もあり、たいへんにぎやかな店内になっています。
Img2a20061215194143
スツール三兄弟(カエデ)長男、次男、三男(0-CRAFT)
Img2b20061215194143
バードハウス(0-CRAFT)
Img3a20061215194143
籐巻お盆(CRAFT MUSICA)
Img3b20061215194143
おかもちCDケース(CRAFT MUSICA)
Img4a20061215194410
古材甦りしゃもじ(工房イサド)
Img4b20061215194143
どこまでも続くスプーンフォーク(工房イサド)
Img4c20061215195650
皿や鉢(工房イサド)
Img5a20061215194143
古鋲足花台(工房イサド)
Img5b20061215194143
イサド式スプーンフォーク各種(工房イサド)
Img5c20061215195650
くつべら(工房イサド)
Img20061215211612
ヘラ各種(工房LIGHTS)
Img1b20061215211612
キャバリレーロ1(無題)(工房LIGHTS)
Img1c20061215211612
キャバリレーロ2(無題)(工房LIGHTS)
Img2a20061215211612
スプーン皿(工房LIGHTS)・杉板お敷(工房イサド)
Img2b20061215211612
スツール(チェリー材)ガラス天板テーブル(メープル材)(Second Factory)
Img2c20061215211612
一輪挿し(SUCOYA)
Img3a20061215211612
一輪挿し(SUCOYA)
Img3b20061215211612
長角皿・皿各種(NUSHISA店主)
Img3c20061215211612
洗濯板(竹格子・青海波紋)(NUSHISA店主)
Img4a20061215211612
高品質猫爪とぎ(取り外し可能)(NUSHISA店主)
Img4b20061215211612
薬箱(名刺・楊子・お煙草可)(NUSHISA店主)
はるか昔私たちの先祖は、枝を棒にして動物たちと闘ってきました。
他の動物よりも優位に立ち、さまざまな木の道具(武器や生活道具)を作っていきます。

当時の人たちと、それから1万年以上経ったいまの人たちが作る木の道具を比較すると、さほどの進化はみられないような気がします。

次回は『暮らしの中の木の武器展』やります!
(槍や棒など)

日曜までやってます。
Img20061224232448
飴釉六寸皿。さっそく使ってみたがお世辞抜きにいい!!
Img1b20061224232448
ジョンレノンの『Happy Chrictmas』
Img1c20061224232448
今年のゲストパーソナリティーは上戸彩さん
郡司庸久・慶子夫妻の個展をみに益子までいってき
ました。二人との出会いは今から三年程前で、年が
一緒なので同級生のような親しいお付き合いをさせ
てもらってます。30過ぎるとモノつくりに携わる人限
らず、自分のすすむ道に向かって個人でアクション
を起こす人が出てくるお年頃。ジャンル限らずそうい
う人たちをみると刺激をもらいます。郡司夫妻の展示
も、やはりそうでした。

12/16~1/14までやってます。
 (Click!) 
















帰路の途中、常磐自動車道友部SAでは警備員がミ
ュージシャンに変身していました。木枯らし吹くクリス
マスの夜の高速道路を、心温まる音楽で道路工事を
していました。











一人高速道路を走らす車内ではニッポン放送クリス
マス恒例『ラジオチャリティーミュージックソン』が流
れていました。毎年この時期やっているチャリティー
イベントで、目の不自由な方が安心して街を歩ける
ように『音の出る信号機』の設置を目的とした特別
番組です。学生の頃、ペリカン便で配送のアルバイ
トをしてたときに車内で聞いていたのがきっかけで、
以来毎年こっそり参加していた番組なんです。テレ
ビの24時間テレビのチャリティーは、どうしてもあ
の演出がわざとらしく苦手なのですが、これは普段
聞きなれたパーソナリティーたちが参加していて親
近感がある。日頃からリスナーと一体感をもった、
庶民に愛され続けるラジオステーション『ニッポン放
送』なだけに誠実な感じがします(ライブドアのとき
はマジ迷惑だった)。とても考えさせられる番組です。

明日の昼までやってます。
 (Click!)