2月27日(火)はさすらいのうどん屋竹原氏によるうどんのイベントがありました。
前日は栃木にて夜にうどん打ちだったにもかかわらず、早朝からNUSHISAに駆けつけてくれました。
店は普通の厨房なのできっとやりづらかったと思いますが、そこは百戦錬磨のさすらい男児。動じず黙々と仕事をこなす姿はさすがです。開始は11時からでしたが開始と同時に人が集まり、30分後には長蛇の列!こんな状況に慣れていないスタッフたちは完全にてんぱってしまいました。これはひとえに自分の段取りミス!当日来てくださった皆様。本当に申し訳ございませんでした!!天気が良かったとはいえ長いこと外でお待ちになられた方々、狭くて窮屈な席になってしまった方々、もっと食べたいのにおかわりを控えさせてもらった方々、食べれなかった方々、、どうもすみませんでした!!
そして200食完食!皆様~ありがとうございます!

そしてあれから今日で2日が経ちます。
イベント当日の最後に竹原氏がスタッフの人たちにうどんを打ってくれてから約50時間が経ちました。。自分はしょうゆうどんをいただきました。目の前で打ってくれたものをその場でいただき、それはもう美味しいのなんのって。今でもあの味はよーく覚えています。たった一杯のうどんですが、竹原くんのこれまでの様々な経験がきっとつまった一杯なんだと思います。味とともにとても記憶に残る一日になりました。

竹原くんが旅を終えるのは来年の秋の予定のようですって長がっ!
旅でたくさん吸収した彼が、今度は自分の故郷という場所をどう愛し、そしてどうみんなを迎えてくれるのか、首をなが~くして楽しみに待ちたいと思います。どんな店になるのかワクワクだー!

改めて竹原氏、来てくれた皆様に感謝!

竹原友徳のさすらいうどん全国武者修行道中記
 (Click!) 
Img20070301230603
う~ん腰がはいってます。
Img1b20070301230603
呼吸が乱れません。
Img3a20070301230603
タイミングをみてます
Img3b20070301230603
さらば、さすらいのうどん師ー!
Img20070325120826
金曜日からはじまりました西木さんの個展。予定では店先の桜の開花に合わせたつもりが暖冬のおかげで今年はまだまだです。予定通りには進まないものですね。

岩のようにごつごつとした表情の花入や植木鉢が多数並びました。植木鉢は西木さんが寄植えしてもってきてくださいました。野に咲く花のように活けたり寄せた花を愛でてくれれば幸いです!

4月1日(日)までやってます。



Img2a20070325120952
Img2b20070325120952