Img_16b4f1c875d6bb6737c5813e74eab34e
こんにちは。Nushisaの竹俣です。
ショールーム的な役割も持つ「NUSHISAの台所」に、新しい仲間が増えました。
竹俣がフリーハンドで描いた楕円なので若干いびつではありますが、
最大8人は座れるんじゃないかという大きさです。
お越しの際はぜひ使ってみてください。
今後も少しずつ追加していく予定です。
御間違いのないようにお願い致します。
今日も宇田と椎名二人の主婦が
皆さまのお越しをお待ちしております。
竹俣は隣りで皿つくり。
Img_8fc697239e8f53486821490384b4c24d
こんばんは。店主の竹俣です。
先週の土曜3月12日は「NUSHISAの台所」オープンしてはじめての
ご結婚前のご両家顔合わせという大事な席をご用意させていただきました。
気仙沼から当日お車でお越しになられた旦那様のご両親と、
吉川が地元の奥様のお母様、そして若いご夫婦の計5名。
NUSHISAらしいコース、お料理、器でおもてなしさせていただきました。

偶然にも前日は3月11日。
二人の出会いは被災地での支援活動だったそうです。
その後二人は結ばれそのまま気仙沼に暮すことに。
地震は多くの大切なものを奪っていったわけですが
大切な出会いもまた多くあったかと思うと、感慨深いものです。

気仙沼との、ご両家との出会いに心から感謝します。

Img_50fca84c00762b7ee927508dd9168352
先日ワタリウム美術館オンサンデーズで行われた和菓子のワークショップに参加してきました。
「御菓子丸」を主宰し和菓子作家としても活動される杉山早陽子さんによる
デザインから考え二つの生菓子を完成させて食べるというもの。
自分の作った自称菓銘は川緑。川の水に写り込む新緑を表しました。全く表れてませんがね。。
和菓子の魅力に引き込まれる素晴らしいワークショップでした。
新作アツいシリーズ《山》にのせてみました。
Img_0c9a7f509a172ea50a0501d3e21cd1fa
Img_91f44fc3ec29f0ebdf43cbe8c0b36f15
竹俣作。「川」なんですけどね
Img_c058793b35655d59be22127176a448f0
改造士ドナルドさん作「目玉」と「インヤン」。 さすがっす。器:竹俣作
Img_b7a2e30afca182d4d84f7496e8f295c7
こちらは杉山先生の「浸食」 自然の気配を食べれる作品。 素晴らしいです。
Img_190eb445aa54c58058e81d9f165e3672
杉山さんありがとうございました。
Img_539047243d8961d21b7bfa89e8c708e0
もうひとつの持ち帰ったもの。栗を作りたかったのですが途中で諦めました。
こどもを対象にした美術の教室をされる手島さんに
家具制作の際に出た木っ端を提供したら
想像以上の変わりようの画像が送られてきた。
木っ端が喜んでおります!

Img_a1e4664b42731afcd81e59de5cf67e53
Img_fd710f690d886998e989caac03c4ba3a
Img_e366541d337030dc6bfe0fa24e4eeb87
Img_f599621f2da310038b8c2d370db1a416
Img_e688d433dbc58052abb60a7125040cb4
《NUSHISAの台所》本日の献立 :

たらと新玉ねぎのかき揚げ
ほうれん草のお浸し
きゅうりと切昆布の酢物
根菜のお煮〆
五穀米
キャベツと揚げの味噌汁

デザートはさつま芋のお汁粉、レモンのカップケーキです。

アツいシリーズ22cmを使用。岡本芳久さんの六角皿も使いました。

Img_38e87ca4d1db0b119412e13d5ed59415