12/8越谷市にオープンしたコミュニティーカフェ「cafe803」にテーブルを納品しました。
このテーブル。埼玉県の森林における材種の比率を示したものとなっており、
埼玉県産のスギ:7、ヒノキ:1、ほか広葉樹(ケヤキ、ミズナラ、ブナ、アオダモ、カバザクラ):2の
割合で板を張っています。ちなみに埼玉県の森林率は30%。日本全土の森林率70%を考えると森林が
非常に少ない県といえます。秩父地域は80%を越えています。

近年「水辺のまち」としても町づくりを進めている越谷市。NUSHISAのある吉川市もそうですが
町の周りや中央を川が流れており、川はとても身近な存在でありました。
目前の川や水辺が直接埼玉の森と繋がっているわけではないけれど、私たちが美味しい空気と水を
いただけるのは森のおかげ。広い関東平野、山の見えない景色の中暮す私たちだけれど、
自分の県の森に意識を向けるということは資源・生命について考えることではないでしょうか。
材種の比率が示す通り、現在日本の森林(人工林)は高度経済成長期に過剰に植えたスギが
収穫期を過ぎた今様々な理由で放置されたままの状況です。それにより生物多様性のバランスが
崩れたり、土壌問題、水、光合成、海水の汚染そして災害、林業衰退など問題は山積です。
これらの問題は川のように繋がっており、誰にでも起こりうる事。木工芸に携わる者として又
都市部で暮す者として重要なことと思い制作のテーマとしました。

日光街道越ヶ谷宿に新たに出来た町と人と食と暮しをつなぐ場所。
当時とはひと味違う賑わいを見れることでしょう。

オープンおめでとうございます!
《cafe803》 (Click!) 

Img_6da98becb63972f41319b75ee8d6740a
Img_ab891e565f454bf5626acc991e0ab150
Img_b915163ce38cb1128dbbc6ab539198a7
《NUSHISAの台所》年内最後の営業です。
今日は土曜なので17:00までやっております。
冬野菜たっぷりの木皿とどんぶりを召し上がれ^^
Img_bad9970e590985f450cdb8aa6976b05d
オンサンデーズ(ワタリウム美術館内)に雑煮椀と汁椀を追加納品してきました。
各々の正月の景色がこの椀の中に写し出されることでしょう。

Img_b12a9214b920fba12f41d5ef8f138157